wimax2 端末

サイトマップ

WiMAX 2+対応端末選びは、非常に重要なポイント!

「WiMAX 2+対応端末は、どの機種を選べば大丈夫?」



WiMAX 2+サービスを申し込む際に、対応端末の中から1台のWiMAX 2+端末を購入する必要があります。
ただ、ラインナップされている端末の機種が数種類ありますので、どのWiMAX 2+端末を選べば良いのか迷ってしまいます。



どのWiMAX端末がお勧め?



もしも適当に選んでしまうと、各WiMAX 2+端末に備わっている折角の機能を使いこなせないままに、そのままWiMAXサービスの契約期間を過ごしてしまう事になります。



ただ、利用した事もないWiMAX 2+サービスの対応端末をいきなり選べと言われても、正直、選ぶ基準が分かりません
私も経験ありますが、ラインナップ中の全WiMAX 2+端末がお勧めされているので、判断基準が分からずに戸惑いました。



全てがお勧めされている



WiMAX 2+端末を選ぶ際には、あなたの使用目的に合ったWiMAX 2+端末を選ぶのが重要となって来ます。
あなたの使用用途に合ったWiMAX端末を選ぶ事によって、より利便性の高いインターネット環境が手に入ります。



それでいて、どのWiMAX 2+端末を選んだとしても、同じ月額料金を支払い続ける形になります。
ですが、各WiMAX 2+端末によって得られるインターネット環境は変わって来ますから、WiMAX 2+端末選びは重要となって来ます。



WiMAX 2+端末によって環境が変わる



本当に、そのWiMAX 2+端末で大丈夫ですか?
もっとしっかりとあなたの用途に合ったWiMAX 2+端末を選んだ方が、後々良いのではないですか?

現在ラインナップ中のWiMAX 2+対応端末の特徴は?

現在ラインナップ中のWiMAX 2+対応端末は、全部で3種類となります。
それぞれの特徴としては、以下の通りになります。



Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)
人口カバー率99%のau 4G LTEに対応した広範囲をカバーするWiMAX 2+端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
バッテリー消費を抑えたBluetoothテザリングに対応したWiMAX 2+端末。
novas Home+CA
5GHzと2.4GHzのWi-Fiを同時に利用する事が出来、無線で16台、有線で2台の機器の同時通信に対応するWiMAX 2+端末。


ですので、色々な場所から通信を行いたい方はSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を。
そして、長時間外でインターネットを利用する方はSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を。
家にWiMAX 2+端末を据え置きして、固定回線のように沢山の機器を同時通信させるような用途の方にはnovas Home+CAがお勧めとなります。





この部分を判断基準に、あなたの用途に合っているWiMAX 2+端末を選択しましょう。



↓UQ WiMAXの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

WiMAX 2+端末をより使いこなす為には?

ご紹介した各WiMAX 2+端末ですが、より利便性を高くする為には3つのポイントがあります。



ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード
速度制限の規制が厳しくないハイスピードモードと、対応エリアの広いハイスピードプラスエリアモードの使い分け。
2.4GHzと5GHzのWi-Fi設定
汎用性の高い2.4GHzと、電波干渉の起こりにくい5GHzのWi-Fi設定の使い分け。
クレードルの有無
別売りのクレードルを購入する事で、WiMAX 2+端末が有線通信対応に。


クレードルで有線通信に対応



それぞれのWiMAX 2+端末によって、対応する項目と非対応の項目とがあります。
ですが、WiMAX 2+端末をより便利に利用する為には、この3点を使いこなすと良いです。

WiMAX 2+端末の省電力設定が便利!

私が利用しているWiMAX 2+端末は、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)です。
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を利用していて良く使い分けている機能が、省電力設定になります。



省電力設定とは、WiMAX端末に搭載されているキャリアアグリゲーションの利用を調整して、バッテリー消費を調節する機能になります。
そして、キャリアアグリゲーションを利用して通信速度を重視させるハイパフォーマンス設定と、キャリアアグリゲーションを停止してバッテリー消費を極力抑えるバッテリーセーブ設定とがあります。
また、バッテリー残量が3割以下になると自動的にキャリアアグリゲーションの使用を停止するノーマル設定もあります。



WiMAX端末の設定



私がよく利用しているのはノーマル設定になります。
この機能があるお陰で、外出時間に応じて省電力設定を使い分ける事が出来ています。
非常に便利な設定ですから、前述した3つのポイントと合わせて、使い分けて欲しいと思います。

各WiMAX 2+端末代はいくら?

以上、WiMAX 2+端末の選び方と、搭載されている機能についてご紹介しました。
いかがでしたか?



そんなWiMAX 2+端末ですが、通常価格では20,000円もします。
また、クレードルセットともなると、22,750〜23,565円もします。
この金額をWiMAX 2+サービス導入の際に支払うとなると、負担が大きくなってしまいます。



WiMAX端末代が掛かる



ですが、UQ WiMAXのキャンペーン特典を利用する事によって、WiMAX 2+端末代が割引き価格になります。
ですので、是非ともUQ WiMAXのキャンペーン特典を有効活用したいものです。



UQ WiMAXのWiMAX 2+端末代
WiMAX 2+端末の機種 WiMAX 2+端末代 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34) 800円 2,800円
Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33) 2,800円 5,400円
novas Home+CA 2,800円


また、UQ WiMAXで取り扱っている各WiMAX 2+端末には数に限りがあります
売り切れた時点で選択出来なくなってしまいますので、その点にお気を付け下さい。



↓UQ WiMAXのキャンペーンサイトはこちら↓
UQ WiMAX

「ラインナップ中の各WiMAX 2+端末、選び方のポイントとは?」について

現在ラインナップ中の各WiMAX 2+端末ですが、どのWiMAX 2+端末を選べば良いのか分からないと言う方が少なくないです。ですので、各WiMAX 2+端末を選ぶ際のポイントについてご紹介します。